夏休みを利用できる

合宿免許で、免許も旅行も友達も!

自動車免許を取るなら合宿免許がおすすめです。せっかく免許を取るなら、少しでも楽しい方がいいですよね。合宿免許の一つ目のポイントは、憧れの観光地で旅行気分が味わえることです。全国各地に学校があり、教習がない日は自由に出かけられます。行ってみたい観光地に近い学校を選べば、免許取得のための金額だけで旅行もできることになり、お得です。そして二つ目のポイントは、全国から同年代の人たちが集まるので、友達ができやすいことです。教習の後は仲良くなった友達と一緒に勉強したり、話したりできるのも、合宿免許の魅力です。もちろん、一番の目的である自動車免許についても、通学するよりも短期間で取得できるという大きなメリットがあり、大学生や専門学校生のような、まとまった休みが取れる人達に人気の仕組みです。

若者たちに魅力をアピール 合宿免許

自動車メーカーが、エコカーや電気自動車など、新技術の開発に力を入れる一方、若者の車離れが進んでいます。時代の流れとともに、若者の車への意識も変遷してきました。車を持っていることがステイタスという時代もありました。しかし、現代の、特に都市部の若者にとっては、そのステイタスに比べて、車のコストは大きすぎます。それならいっそ自動車免許など必要ないのではないかと考える人もいます。自動車学校は、ただでさえ少子化で学生が減るなか、どうにかして学生を集めようとしています。その戦略の一つが、合宿免許です。学生の長期の休みを利用して、短期間で免許取得を目指す仕組みです。全国から同じ目的の、同じ年代の人が集まることから、友達ができやすく、観光地なら教習の合間に観光もできると、学生たちに人気です。大学の生協などには、合宿免許のパンフレットがたくさん並んでおり、楽しく効率的に免許が取れるとアピールしています。